お知らせ

健康寿命について

健康と予防

・ 既存の価値に気づく・

治療が終了しました、これで終わりです、でもここからが大切です。
今、リセットされた状態は元の戻っただけ、ここからこの状態を維持することが大切になってきます。

健康寿命という言葉をご存知でしょうか。つまり人が元気に過ごせる期間のことを言います。
この健康寿命、女性では8年、男性では10年も本来の寿命との開きがあります。
つまり8~10年にわたり病気で苦しんだり、人のお世話になったり、寝たきりになったりするというのです。

人の寿命は変えることは難しいことです。でも人の健康寿命は意識を変えることで、延ばす事ができます。
日々の生活を見直す、食べるものを考える、食事の量を考える、適度な運動を習慣化するなど自分の体のことを考え、色々試してみることです。

しかしその時に、食事が取れる環境が整っていないと、せっかく考えても、実行して自分を変えることが難しくなります。
何が自分にとって大事か、価値について考えることです。既存の価値の正体に気づくことです。

私たちの仕事は、「患者様にこれからの健康について考えていただく」という理念があります。
健康寿命を伸ばし、元気に過ごす、新しい価値観を見出して下さい。

ページトップへ